ハワイのBlack Fridayにサーフボードを購入するのはお得? さてHow much?

On 2013/11/29

今日は BLACK FRIDAY でした。

sale

ブラックフライデーとは、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日のことで、アメリカの小売業が最も売上を上げる一日です。(過去記事:20.ハワイのブラックフライデーはスゴイ!

毎年この時期は、米国特有のホリデーショッピング文化とその熱気を肌で感じることとなります。とにかく、あらゆるものが安くなる時期ですので、何か大きな買い物をするなら、この時期まで待つのがセオリーです。

オアフの巨大なサーフボードのシェープ工場である、Surfboard Factory Outletも、例外なくセールをしていました。(過去記事:08.ハワイでサーフボードを仕入れるなら

ショートボードなら平均して400ドルくらい。ここからBlack Friday Special として25ドルの値引き。更にデッキパッドとかはボードを買うと半額となっていました。

僕は、撮影用のHICのボード(ERIC ARAKAWA の CYBER PIG) と デッキパッドを入手しましたが、TAXを入れても400ドルちょっとでした。これは安くないですか!?ハワイでは、一年で、ボードがすぐボロボロになってしまいますので、毎年この時期に新調しようと思いました。

帰りには、打ち合わせでカハラモールに行ったのですが、ちょっとモールを歩いた感じだと、30%オフは当たり前、40%、50%オフと、どのお店も今日の日のためにBlack Friday Special を用意していました。

最近では、Black Fridayを、金曜日だけに限定さず、Black Friday Weekend として、週末までセールを続けるところが多いみたいですね。そして、このサンクスギビングホリデーの週末が終わった翌週の月曜日からは、こんどはオンラインの売上が伸びることから、これをCyber Mondayと呼ぶようになりました(2005年から「Shop.org」が使い始めた言葉)。O2Oの発想で、店頭とウェブを連動させる手法をとりはじめているお店も増えてきているみたいですね。O2Oの仕掛けをやるならBlack FridayやCyber Mondayを狙うのが良いかもしれません。