奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

On 2014/11/26

 

奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

 

奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」を読みました。

 

過去と現在、未来を行き来する一つの方法として着目したのがこの奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」でした。

スケジュール帳とは異なり、本ログでは「予定」ではなく「済んだこと」を書くこと。そして、日記とは異なり、感想ではなく「ファクト」を一定のルールに基づいてコマメに記入していくこと。

なるほど。とても合理的なアイディアに基づいたナレッジ本だと思いました。
僕も早速、実行に移しはじめました。気軽にはじめることができるところがいいですね。

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

何気なく過ぎ去っていく日々を、「確固とした体験」にすること。

これがライフログをつける意味です。
言い換えれば、時間とともに薄れていく体験を風化させず、より確実に自分の中に刻み込んでおくことができる。

 
——————————————
 

ルール1 一元化
ルール2 時系列
ルール3 牽引化

 
——————————————
 

「予定」ではなく「済んだこと」を書いていく

ライフログには、今済ませた行動、買ったもの、今読んだ本、今聞いた話など「過去のこと」を書いていきます。
「過去のこと」を書かないと、ノートを「自分の分身」にしていくことができないからです。

自分の行動ベースで記録するので、現実と記録の間に租借をきたしません。

 
——————————————
 

書いてみることで「しっかりやっている自分」を認める

行動記録を積み重ね、ライフログノートの冊数を増やしていくことは、非常にわかりやすい「生きてきた実績」であり、自信に直結します。

ライフログをうまく使いこなせば、わずかな前進を「成長の一歩」と捉えやすくなる。

 
——————————————
 

たった一枚の紙切れがすべてを語る

「欲しかったブーツを高島屋で買った」とメモしてあるだけの行動記録より、「高島屋で買った」と書いてある横に、ブーツの「商品説明タグ」を糊で貼っておく。

 
——————————————
 

過去のさまざまな体験が合わさって、新たな発見ができるということです。

読み返すだけで、仕事や生活をする上での「傾向と対策」のようなものが、だんだんとでてくるのです。

 
——————————————
 

「軸足」は必ずノートに置いておく

 
——————————————
 

ノートに向かうことで自分の「つくり直し」をする

日常から離れることで、心配や焦り、イライラといった気持ちを整理し、自分をつくり直すことができるからです。

 
——————————————
 

「行動の切れ目」でなく「ふとしたとき」に書く

 
——————————————
 

時間情報は「までログ」「いまログ」「からログ」で管理する

 
——————————————
 

ポラロイドTWOでお手軽育児日記

子供のいる部屋に「ポラロイドTWO」を置いておき、毎日必ず写真を撮って貼る。

「割り付けプリント」で一日の流れを残す。

 
——————————————
 

「いい過去」=「自分の歴史」を持っておく安心感

僕は、こういった「いい過去」をきちんと持っておくことが、人間が生きていく上で、意外と大切なことだと思っています。

わたしたちが過去の充実した生活のなか、豊かな経験のなかで実現し、心の宝物としていることは、なにもだれも奪えないのだ。

 
——————————————
 

読み返しの真髄は「マーキング&タイミング」

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link:奥野宣之の「人生は一冊のノートにまとめなさい」

BOOK LOG一覧はこちら

booklog