丸尾孝俊の「大富豪アニキの教え」

On 2014/03/07

大富豪アニキ

 

丸尾孝俊の「大富豪アニキの教え」を読みました。

主人公のいっちゃんが、バリの大富豪アニキに会いに行き教えを請う物語です。
教えの中身は以下の3回に渡って、徐々にステップアップしていきます。
演出は、水野敬也の「夢をかなえるゾウ」に似ていますね。

ーー

・一番大切なのは「相手を自分ごとのように大切にする心」
・相手のために、お金を使い続ける
・自分の「童心」を取り戻せ
・自分から会いにいく
・最強の問題解決は、自分から会いにいくこと
・相手を自分の家に泊まらせる
・常に「失敗」と共にあることで成長する
・仕事で生き残る人の条件は、義理と人情と職人技

ーー

・リミッターを外して、本気になる
・仕事に思い入れている時間を、長くする
・儲かる仕事が優先。「天職」は一つの仕事を続ける中で見つかるもの
・「ご縁を繋ぐこと(紹介)」に目を向けると、人生が変わる
・独立する前に、独立後のお客さんを確保する
・人が「一丸」となっている会社を選べ
・「お金」は稼げるだけ稼ぐ
・一日14時間以上働きまくる
・100万円貯まるごとに「金」に変えてお金を増やせ
・「人とのつながりが育まれない投資」はしない

ーー

・生きる目的は、少しよくして次の世代に伝えるため
・親に生きるエネルギーを与えることが親孝行
・子育てでももっともいけないのは「過保護」
・親がやっていることを、子供がやるようになる
・「人は鏡」。相手の面倒を見れば、必ず返ってくる

ーー

 

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで
興味がわいた人は、手に取って読んでくださいね。

 

 

やっぱり、一番、大切なんは・・・
兄貴は、しばらく真面目な目で沈黙し、
グッと身を乗り出すと、完全に言い放った。

「相手を自分ごとのおうに大切にする心」やねんて

(中略)

いっちゃんだって、そうだったはずや。
「自分が、今、大切や」と思うとる人を、
思い出してみるとわかるはずやねん。

その人はな、すごい人でもなく、優秀な人でもなく、
かっこええ人でもなくな、
「自分を大切にしてくれると感じさせてくれた人」
だったはずやろ?

(中略)

相手を大切にする心はな、後輩だけではない、
「神様」の心にも届いているんやで

 
——————————————
 

大人がな、なんや、
ただ「おとなしくしている」だけではな、
ボカーンと大成功できるわけ、ないんやて。

いっちゃんだって、わかるやろ?

波風立てずにな、誰とも口論もせずにな、
出る杭にもならずには、変わり者でもなくな、
普通に「おとなしく」していたら、
いつのまにか、ビックリビビンバの大成功!
みたいなことになったら、「そんなアホな!」やろ。

そんなわけわからんことになっちゃったら、
もう脳みそこっぱみじんやで

 
——————————————
 

自分の「童心」を取り戻すんやて。
それがな、今の自分を変える、ごっつい起爆剤やねんて

 
——————————————
 

実はな・・・、「自分から会いにいくこと」こそな、
揉めごとをカンタンに解決する方法
なんや

なんせ、自分から会いにいくことや。
自分から会いに行くだけで、多くのことが解決するんやて。
「ご足労」という言葉があるやろ。
自分から会いにいくことで、
もうすでに「相手を大切にすることに労力を使っている」
ということが、相手に伝わるんやて

 
——————————————
 

最初から「自分の恥」を出してくる人は、
相手を信用している証拠
共感を持たれるし、信用できる

 
——————————————
 

オレが成功して、調子ぶっこいていられる一番の理由はな、
誰よりも多くの失敗をボーボーこいて、
恥をかきまくってきたからなんや

オレはな・・・、
すでに、すべての失敗を、経験済みだからやねん。
経験済みだから、みんなの質問に、1秒で答えられるんやて

 
——————————————
 

あのな、いっちゃん。
手間ひま。つながり。ご縁。絆。匠。義理。人情。
そういった「人間味」を持つことが大事なんや。
「人間の味」やな。
合理化には「人間の味」がないやんけ

義理と人情と職人技で仕事するねんて。
「合理化」で仕事したらアカンのや

 
——————————————
 

「本気かどうかだけ」なんやて。
もう、完全に「本気かどうかだけ」
これにつきるんやて

いろいろな「成功法則」とか
呼ばれとるものがあるのかもしれんけど、
結局な、「本気でぶっちぎる」ことができたら、
生まれつき持っている才能やお金に関係なくな、
誰でも成功できるんやて

 
——————————————
 

自分が生きている間に、自分のところでがんばってな、
少し良くして次の世代にタスキを渡さなくてはいけないんや

 
——————————————
 

子供の好奇心からでてくる行動を制限しては、いけないんやて。
「過保護」にしては、いけないんやて。
子供自身に失敗を経験させてな、行きすぎたら、パコーンと
叱ったればええねんて。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 丸尾孝俊の「大富豪アニキの教え」
Link: 水野敬也の「夢をかなえるゾウ」
Aloha | BOOK LOG

booklog