山田眞の「ディズニーランド流心理学 人とお金が集まるからくり」

On 2013/07/11

「ディズニーランド流心理学 人とお金が集まるからくり」

 

山田眞の「ディズニーランド流心理学 人とお金が集まるからくり」を読む。
新たに作る施設のブランディングの為に再読。

 

今回、参考になりそう&気になったポイントは以下の通り。

 

 

異質環境(感動的な別世界体験が味わえる空間)を生み出すために、
東京ディズニーランドには、四つのキーワードがある。

 「青空」・「テーマ」・「音」・「遮断」

 
——————————————
 

東京ディズニーランドは、七つのテーマによってエリアが分けられている。
「一つのテーマと時代性を持った風景しか存在しない」と
いうこだわりが貫かれている。

 
——————————————
 

音とテーマの融合性は、東京ディズニーシーではさらに際立っている。

入場ゲート周辺から響いてくるのは、拡張高いシンフォニーで、
これからの心弾む時間を予感させてくれる。
そして20世紀初頭の南欧をモチーフにした
メディテレーニアンハーバーのエリアでは、
より情感深いメロティが流れてくる。

目の前に広がるハーバーの壮観さに圧倒されているゲストを、
さらに一歩、夢のリゾートの世界へと引き込んでいくのだ。

 
——————————————
 

「リピーターをつくる」心理作戦とは?

1)いかに「期待」させるか
  =時間的、空間的に日常から遮断する
2)いかに「集中」させるか
  =「観る」、「聴く」だけでなく「参加させる」
3)以下に「感動」させるか
  =「一度では体験しきれない、楽しみきれない」と予感させる 

 この3つが合わさったとき、人はリピーターとなる。

 
——————————————
 

東京ディズニーランドでは、ゲストの時間感覚を奪うために
どんなからくりを用意しているのか。

1)「癒し」の時間、「癒し」の空間
2)異種の「刺激」、異種の「世界」
3)「予感・想像」を裏切る
4)肉体的に疲れさせない
5)じらす
6)出会い・会話・笑い
7)「ビッグイベント」が夜にある
8)「いつでも帰れる」という安心感

 
——————————————
 

お客様は「物」ではなく「楽しい思い出」を買いたがっている。

「つい(お土産を)買いたくなる」心理

1)「出口」に必ずお店がある:思い出、追体験、
感動を買ってもらう
2)店内に「統一感」がある:時代、物語、テーマを明確にし、
買いやすい気分になってもらう
3)「同じ商品」が他店にない:ここでしか買えない、
今しか買えないという心理効果を高める
4)値段、商品に「異種の刺激」がある:品揃え、
雰囲気に変化をつけて「見る+選ぶ」会館を高める 
5)「人に買う物」「自分に買う物」がわかりやすい:
誰のために買う商品かがハッキリしているので買いやすい

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 山田眞の「ディズニーランド流心理学 人とお金が集まるからくり」
Aloha | BOOK LOG

booklog