堤未果の「ルポ貧困大国アメリカ」

On 2014/03/17

ルポ貧国

 

堤未果の「ルポ貧困大国アメリカ」を読みました。

初版が2008年1月と、若干鮮度は落ちますが、衝撃の内容でした。
おそらくこの本で取り上げられている米国の抱える問題は、
今日に至っても、社会問題として根深く残っている印象を受けます。

それどころか、これらは改善されていない問題として、
むしろ悪化しているようにも受け止めることができます。
アメリカに住んでいると、イヤでも肌で感じるものがあります。

以下、僕の中で「引っかかり」のあったコトバのメモを読んで、
興味がわいた人は、ぜひ本を手に取って読んでくださいね。

 

 

命のリスクを負って密入国しなければならないほどに、
(メキシコからの密入国者は)グローバリゼーションの
波によって追いつめられている。

アメリカの人権団体「国境なき先住民連合」のデータによると、
1993年以降、アメリカ−メキシコ国境では
3800人以上の密入国者が死亡しており、
そのうち千人あまりが墓標のない墓に埋葬されているという。

(中略)

9・11後、「テロとの戦い」を掲げたアメリカ政府は、
移民法強化にますます力を入れ始め、メキシコとの国境に
長さ1220キロの電流が流れるフェンスを建設し、
6000人の州兵を国境警備隊補助として送り込み、
入国しようとする移民の逮捕をさらに厳しくする方針を固めた。

移民への締め付けが厳しくなるに連れて、
不法移民と犯罪者を分ける境界線は
ますますあいまいになっていく。

 
——————————————
 

世界一高い医療で破産する中間層

アメリカの乳児死亡率は年間平均1000人に6.3人という
先進国で最も高い割合だ(日本は3.9人)。

米国では、政府が大企業を擁護する規制緩和および
福祉削減制作に切り替えてから、普通に働く中間層の人々が
次々に破産するようになった。

2005年の統計では、全破産件数208万件のうち企業破産は
わずか4万件に過ぎず、残りの204万件は個人破産、
その原因の半数以上があまりに高額な医療費の負担
だった。

(中略)

アメリカの国民一人当たりの平均医療費負担額は、
国民皆保険制度のある他の先進国と比較して約2.5倍高く、
2003年度のデータでは一人当たり年間5635ドルになる。

民間の医療保険に加入してもカバーされる範囲は
かなり限定的で、一旦医者にかかると借金漬けになる
例が非常に高い。

 
——————————————
 

日帰り出産する妊婦たち

競争の中で高騰する医療費のしわ寄せは患者にかかる。
その中で日帰り出産する妊婦が年々増えているのも特徴だ。

「私の出産は日帰り出産です。
入院すると一日大体4000ドルから8000ドルかかるんですもの。
今アメリカの多くの女性は、高すぎる医療費のせいで
入院出産なんてできません」

アメリカには日本のような一律35万円の出産育児
一時金制度がなく、すべて民営化による自己負担のため、
所得による格差のしわ寄せが妊婦たちを直撃する。
入院出産費用の相場は1万5000ドルだ。

 
——————————————
 

競争による効率主義に追いつめられる医師たち

高すぎる医療費に加えて産科医不足も深刻な問題だ。
訴訟大国であるアメリカの産科医は収入の半分が
損害賠償保険の掛け金として消えることも珍しくない。

「ただでさえ人工妊娠中絶を行う産科医は
中絶反対運動家に殺害されるリスクまであるんですよ。
その上保険会社からの請求書に、訴訟の恐怖、
製薬会社かrなお圧力と、産科医になることには
デメリットが多すぎるんです」

 
——————————————
 

株式会社化する病院

「市場原理」が競争により質を上げる合理化システムだと
言われる一方で、「いのち」を扱う医療現場に導入することは
逆の結果を生む。

競争市場に放り込まれた病院はそれまでの非営利型から
株式会社型の運営に切り替えざるを得ず、
その結果サービスの質が目に見えて低下する。

「国内にある病院の大半が、使い捨て医療器具を、
節約のため別の患者に何度も使い回しています。
競争のための効率主義がビルゲイツやウォールストリートの
ビジネスマンたちのような大金持ちのいる先進国でありながら
医療サービス・レベルが世界ランキング中37番目、
乳児死亡率が43番面という、お粗末な結果を生み出すのです」

 
——————————————
 

「落ちこぼれゼロ法」という名の裏口徴兵政策

裕福な生徒が通う高校はもちろん個人情報など出しません。
ですが、貧しい地域の高校、州からの助成金だけで運営している
ところは選択肢がないため、やむなく生徒の個人情報を
提出することになるんです。

米軍はこの膨大な高校生のリストをさらにふるいにかけて、
なるべく貧しく将来の見通しが暗い生徒達のリストを作り直す。
そして7週間の営業研修を受けた軍のリクルーターたhしが
リストにある生徒たちの携帯に電話をかけて直接勧誘をする。

「政府はちゃんとわかっているんです。
貧しい地域の高校生たちがどれほど大学に行きたがっているかを。
そしてまた、そういう子の親たちに選択肢がないこともね」

 
——————————————
 

入隊しても貧困から抜け出せない

高校を卒業して入隊しても、最下級の新兵の給料は平均で
年間1万5550ドル。

毎月の給料から生命保険や軍服代、学費の前金などさまざまな
諸経費が天引きされ、手元にはほとんど残らなくなる。

(中略)

英国の医療雑誌「ランセット」によると、
2007年8月の時点でイラクにおける新兵の死亡数は3666人、
そのうち5%にあたる188人が自殺しているという。

 
——————————————
 

若者たちが誇りをもって、社会の役に立っているという
充実感を感じながら自己承認を得て堂々と生きられる、
それが働くことの意味であり、「教育」とはそのために
国が与えられる最高の宝ではないでしょうか?
将来に希望をもてる若者を育ててゆくことで、
国は初めて豊かになっていくのです。
学びたいという純粋な欲求が、戦争に行くことと
引きかえにされるのは間違いなのです。

 
——————————————
 

グローバリゼーションによって形態自体が様変わりした
戦争について、パメラは言う。

もはや徴兵制など必要ないのです。

政府は格差を拡大する政策を
次々に打ち出すだけでいいのです。
経済的に追いつめられた国民は、
黙っていてもイデオロギーのためではなく
生活者から戦争に行ってくれますから。
ある者は兵士として、
またある者は戦争請負会社の派遣社員として、
巨大な利益を生み出す戦争ビジネスを
支えてくれるのです。
大企業は潤い、政府の中枢にいる人間たちは
その資金力でバックアップする。
これは国境を超えた巨大なゲームなのです。

 

 

——————————————————————————–
*企画は身体性。良質な企画は世の中を変える。
*良きインプットが良きアウトプットを作る。

——————————————————————————–

 

Link: 堤未果の「ルポ貧困大国アメリカ」
Aloha | BOOK LOG

booklog