Creative CHECK | パロット社製のBEBOP DRONE

On 2015/04/07

 

パロット社製のBEBOP DRONEを体験してきました!

 

fly

 

もう1年以上もドローンの動向をチェックしてきていたので、ようやくこれこそ本命かも?とも思えるデバイスとの出会いに胸が膨らみます。

 

今回のドローンは、パロット社製のBEBOP DRONEです。

値段とクオリティでいうと、ちょうど不足していたハイスペックコンシューマープロダクトであり、プロ仕様としても使うことができる、そんな痒いところに手が届く感じです。

BEBOP DRONE アマゾンでは、14万ちょっとの値段。
コントローラー付きなので、従来のドローンに比べると、かなり魅力的ですね。

» amazon パロット社製のBEBOP DRONE

 

まずは、室内で基本的な操作をマスター。

見ているだけでもホレボレ(笑)
意外と重みがあります。

そして、スマホでのコントロールとコントローラーでの操作をチェック。
なるほど。楽しい〜

 

drone-2

parrot 2

drone

dron2

 

HDカメラ内蔵、スマホでの簡単操作も魅力。
語るべきことは、たくさんありますが、僕が注目したのは、その安定性

さすが、加速度計、ジャイロスコープ、磁石計のデータを複合的に活用しているだけあって、その安定性は、半端じゃないですね!

 

 

もはや、三脚のかわりになるクオリティ!

ハワイの不動産の内見映像だって、ホノルルマラソンの模様だって、ウェディング映像にだって使える。

 

これは、やっぱり外でも飛ばしたいね〜!

ということで、他の人の邪魔にならない広い敷地へ移動。

早速、空高くリリース!

 

fly2

fly

fly3

 

いやー楽しかった。

ようやく、買いのデバイスに巡り会えた感じ。
そろそろこの空撮技術を従来の映像制作に取り込む時代がきた。

ハワイに戻ってやってみよう!

 
 
» Other Creative CHECK posts
» Facebook Creative CHECK