Cocktail Short Stories | マンハッタンを仏壇に

 

 

「ばあさんが死んだ」

夜中の2時、おやじからの突然の電話だった。

 

一瞬なんのことかさっぱり分からなかった。夢の続きであってほしかった。

でも、受話器の向こうのトーンが冗談ではないことを語っていた。

 

つい最近まであんなに元気だったばあちゃん。

歳のわりにハイカラなばあちゃん。

いたずらっ子だった僕と一緒になっていつも笑っていた、ばあちゃん。

 

若くして死別したじいさんのことを、いつもずっと大切に思い続けていた。

生前に二人で行ったニューヨーク旅行ことは、耳にたこができるくらい聞かされた。

でもその昔話を聞くのは決してきらいではなかった。

話しているうちに、ばあちゃんの顔が乙女の顔に戻っていくのを見るのが好きだった。

 

 

ばあちゃんとのお別れのセレモニーが終わった。

 

悲しかったけど、やっと二人は、また一緒になったんだ。

乾杯しよう。

 

マンハッタンを二つ。

 

ばあちゃんとじいさんの再会を祝って、仏壇に二つのカクテルをそっとそえた。

一瞬、遺影の中のばあちゃんの顔が乙女に戻ったように見えた。

 

(C) Hiroki Nagasawa all Rights Reserved

 

Other Shorts Stories