Cocktail Short Stories | 悪友のためのレッドアイ

 

 

「おい、シュウジ! いい加減起きろよ」

 

早朝5時、シュウジが泥酔状態で、俺の家に文字通り転がり込んでくる。

そして、10時、相変わらず大きなイビキをかいて爆睡するシュウジの肩を揺する。

 

昔からそうだ。

シュウジは女にふられるたびに一晩飲み歩き、最後は決まって俺の家にゴールする。

俺の平和のためにも、世の中の女子には少し協力して欲しいもんだ。

 

「おい、シュウジ、もう俺バイトの時間だから出るぞ」

肩を揺すっても微動だにしないシュウジの頬を強めに叩いてみる。

 

「お〜、分かった。分かった」と、寝ぼけた返事。

こいつなんにも分かっちゃいない。

完全、100%、夢の中で会話してる・・・。

世話のやけるやつだ。

 

俺は、冷蔵庫から冷えたビールとトマトジュースを取り出し、グラスに注ぎステアする。

セロリなんて家の冷蔵庫にはないけど、まあいいだろう。

 

向かい酒のレッドアイ。

 

「起きたら、それ、飲んでおけよ。鍵はポストな」

 

これからあと何回このやり取りがくりかえされるのだろう?

ドアを閉め、バイトに向かった。

 

(C) Hiroki Nagasawa all Rights Reserved

 

Other Shorts Stories