Cocktail Short Stories | シンガポールスリングに憧れて

 

 

「おい、ハル!元気か?」

 

受話器の向こうに、テンションの高い声。

一瞬誰だか解らなかった。

そりゃそうだ、日本は4時AM。一番いい眠りの時間じゃないか・・・。

 

その声は、マー兄だった。

姉貴の元フィアンセ。

今はシンガポールの商社に務めている。

 

マー兄は、こうしてたまにTELをくれる。

姉貴と別れた後も、俺とは変わらず接してくれる。

 

マー兄と別れてから姉貴は3年後に結婚した。

それはそれでめでたい話なのだが、俺はマー兄の方が好きだった。

 

二人にとっては、甘い想い出なのだろうが、俺にとってはいまだにちょっと複雑だ。

こうしてマー兄がちょくちょく連絡してくれることは姉貴には内緒にしている。

 

「ハル、今度シンガポールに遊びに来いよ。面白いぞ〜」
とマー兄が言う。

マー兄の声を聞きながら、それも悪くないな、とまだ見ぬ景色を想像してみる。

 

(C) Hiroki Nagasawa all Rights Reserved

 

Other Shorts Stories