台湾出張 DAY 1

On 2013/06/12

台湾初日。

今回の台湾への出張の目的は、この数ヶ月ブランディングのお手伝いをしてきた新タブレットブランドのCOMPUTEX発表&打ち合わせ。

成田空港から出国。台湾桃園国際空港までは3時間。
スターアラインスのエバに搭乗。

着いて初めて分ったのだけど(ほとんど下調べゼロで乗り込んだため)、羽田発で台北松山空港に入国した方が、断然台北へのアクセスが楽・・・。(次回はそうしよう)

台北松山空港からの場合、台北まで地下鉄に乗れば直ぐに到着(20分位)
しかし台湾桃園国際空港からだと地下鉄のアクセスはなく、バスかタクシーとなる。

バスの場合は、125元。色々寄るので時間にして一時間強。
タクシーだと大体1200元で1時間弱。

地下鉄は、安全で清潔な印象。近い移動なら20〜30元。
日本の地下鉄にとっても似ている(日本の技術を輸出しているのかな?)

でも、日本みたいに椅子はフカフカしていない。プラスチックの椅子だ。
そういえば、フカフカしている椅子のある地下鉄って日本以外で見たことがないなぁ。

大きな違いは、台湾の地下鉄では飲食禁止とのこと。水を飲むだけでも罰金を取られる可能性があるらしい!ついつい癖で無意識のままペットポトルを口に運んでしまうので、これには注意が必要だ。

切符ではなく、トークンを購入して、これで入場(バンコクと同じ方式)

タクシーの初乗りが70元(大体210円)と安いので、タクシーもお勧め。
台北市内にそびえ立つ101を目印に移動すると分りやすい。

101

初日の夜は、ベタにディンタイファンで小龍包。
店に入るまでスゴい行列だったがその価値あり。

ただ後日談で、台湾の人は小龍包は台湾料理として認めていない=もっと台湾には美味いものがある、と思っていることが判明。

なるほど、これもブランディングの一環なのかもしれないね〜。

とにかく台湾は活気があり、とっても親日。
街は、途切れないままずーっと新宿や表参道が続いている、といった印象。

生活すると言う面では、実はハワイよりよっぽど住みやすかったりするのかも(汗