Cocktail Short Stories | 強がりのブラディーマリー

 

 

深夜2時、突然のマリからのTEL・・・。

いつも強がっているけれど、実はとってもナイーブな親友のマリ。

受話器の向こうで、途切れることなく一方的に話す口調に違和感を覚えた。

 

とうとう別れちゃったんだ。

そう私は直感した。

 

マリの会話を遮るように、私は言った。

「あんな男、マリにはふさわしくなかったのよ」

彼の事をマリが大好きだったことを知っているからこそ、ちょっと強めな口調でさとす私。

 

電話を切った次の瞬間、私はマリの家に向かっていた。

かつて私が失恋した時、マリがそうしてくれたように。

 

ドアをノック。しばらくすると目を赤くしたマリが出てきた。(やっぱり)

私はマリのさっぱりした台所に立ち、強い女に戻る魔法のカクテルを作る。

 

ブラディーマリー。

 

「マリ、涙だらけだから、塩は少なめにしておいてあげたわよ」

そう言って、私はカクテルを差し出した。

 

マリの口元にほんの少しだけ強がりの笑顔が戻った。

 

*ナレーションバージョンはこちら

 

(C) Hiroki Nagasawa all Rights Reserved

 

Other Shorts Stories