Cocktail Short Stories | 旅立ちのモヒート

 

 

明日、タケシ先輩が旅立つ。

今日は、その先輩への自分なりのフェアウェル。

 

僕らのこの肉体労働的職場には、数少ない文学好きの先輩。

時には、本からの引用を用いながら、悩む僕を支えてくれたりした。

僕が本に興味を持つきっかけを作ってくれた人でもある。

 

先輩は、尊敬するヘミングウェイがかつて愛したキューバの地に触れるためにバイトしながら貯金していた。

今日、その目処が立ったらしい。

 

バイト終わりに、先輩を誘い出す。バイトからすぐ近くのヨットハーバ。

僕は、事前に用意しておいたクーラーボックスを肩に歩く。

 

日が落ちても、まだまだ空気が暑い夏の夜。

月明かりを頼りに、僕はクーラーボックスからミントの葉とライムを取り出し、砂糖を加えてバーススプーンで潰す。

そこにラムとソーダ水を加え、さっと混ぜる。

 

ヘミングウェイの愛した「モヒート」。

 

カクテルを差し出しながら、僕はタケシ先輩に言う。

戻ってきたら、ハバナで飲んだモヒートとの味の違いを教えて下さい、と。

 
 

(C) Hiroki Nagasawa all Rights Reserved

 

Other Shorts Stories